蒸れない・臭わない、男のための機能性下着「シューバン」

SHEVAN シューバン

TOP>機能性男性下着>睾丸の温度調整・精子の健康

睾丸は温度に敏感で、たった1度その温度が上昇しても機能は衰えます

 

人体には生死の境界線を越えて、体温より3度下がった状態で最も健康な部位があります。それは、睾丸です。

睾丸の温度が37度になると、精子は全滅し、種のないスイカと同じような状態になります。

男性にとって、睾丸はただの種子の入ったポケットの役割だけをするものではありません。男性の睾丸は、テストステロンという重要な男性ホルモンを生産しているのです。

睾丸の温度が上昇し、機能が弱くなる(=テストステロンの生産量が少なくなる)ことは、男性更年期・機能障害などの原因の一つとなり、生まれてくる赤ちゃんにも影響を及ぼしかねないといわれています

睾丸の機能低下の要因

睾丸の機能低下は、一般的には、多すぎるタバコ、酒、ストレス、そして最近では、環境ホルモンが問題として盛んに論じられていますが、最近の研究学者は違った視点から論じています。

車等の運転を僅か20分しても睾丸の温度が35度になり、2時間運転すると睾丸の温度は36度以上になる

2000年6月にフランスで発表された報道資料では、車等の運転を僅か20分しても睾丸の温度が35度になり、2時間運転すると睾丸の温度が36度以上になるとの報告がありました。万が一、あなたが大切な種子のことを考えるならば、座り続けることは止めて立って過ごさなければならないとまで警告しています。

膝の上でパソコンを使用した場合、睾丸部の温度が2.1℃も上昇する

2004年、NY州立大学Yefim Sheynkin博士らが、ヨーロッパ医学誌であるHuman Reproduction誌に報告したレポートによれば、男性が膝の上でパソコンを使用した場合、その放射熱が、生殖機能に支障をきたす原因になるのではないかと考え、健康な男性29名に、太腿を隙間のないよう密着し、その膝上パソコンを置いてその股間の温度を3分おきに調べたところ、電源を入れないときであっても、このような姿勢をとるだけで睾丸部の温度が2.1℃も上昇また、電源を入れた後では2.8℃も上がっていたということです。

車の運転・膝の上でパソコン・使い捨てオムツ・サウナ

使い捨てオムツをさせると睾丸温度が1度上がる

また、最近の使い捨てオムツは通気性がとてもよくなっていますが、過去にドイツでは、赤ちゃんに使い捨てオムツをさせると、「赤ちゃんの睾丸温度が1度上がり、成長して生殖機能に支障をきたす確率が高くなる」という発表がありました。

 

いくつかの研究報告によれば、サウナに入るとか、風邪をひいて熱が出たりするのと同じく、睾丸の温度が少しの間でも上昇すると、生殖機能に影響を受けると言われています。

睾丸にとって、温度調節ということは、非常に大切なことなのです。

 

最高級素材テンセル素材を贅沢に使用したシューバンの男性用下着は、男性にとって最も重要な睾丸の温度調整にこだわった機能性男性下着で、最新の世界医学情報を総収集し、男性の身体に一番適するようにデザインされた蒸れないパンツです。不快な汗やムレ、匂いが気になっている方は、ぜひ、一度お試しください。その爽快感やフィット感に納得されるはずです。

ページの先頭へ

男性下着お問合わせ

 

【会社名】 株式会社G-クエスト 男性下着 シューバン事業部 

【住所】  〒160-0004 東京都新宿区四谷4-32-6クレスト御苑ビル4F

【定休日】 土曜 日曜 祝祭日   

【営業時間】  AM 10:00〜PM 17:00

 

お電話でのお問い合せにつきましては営業時間内でお願い致します。

窓口TEL:03-5965-0915

確認

■シューバンからのメールが届かない方は。

メールアドレスが間違っているか、フリーメール等が迷惑メールフォルダに自動で振分けられている可能性があります。
ご注文後当店よりメールが届かない場合は、お手数ですがフリーメール以外のアドレスかお電話にてお問い合わせくださいませ